メニュー

白内障の治療

白内障とは、目の中にある水晶体(レンズの役割をしています)が黄白色や茶褐色ににごり、視力が低下して物がかすんだり、ぼやけて見えたりするようになる病気です。白内障で一番多い原因は、加齢によるものです。特別な原因がなくても年齢とともに誰にでも起こります。

白内障の場合、下記のような自覚症状となって現れることがあります

  • ものがかすんで見える
  • まぶしくなる
  • ものが二重、三重に見える
  • めがねやコンタクトで調整しても、文字などが読みづらい
  • 目が疲れやすい
  • 色が鮮やかに見えない
  • 裸眼での視力が不安定である

白内障の治療

かすみを感じているが日常生活には支障がないという場合は、点眼による薬物療法を行うこともあります。ただこれは治癒を目的としたものではなく、濁りの進行を遅らせるためのものです。根本的な治療としては手術が必要になります。
目の状態によっては白内障が進行することで緑内障発作を起こすリスクが高くなる場合があります。その際は早めに手術をおすすめさせていただくことがあります。最近は入院で白内障手術を行うケースは少なく、日帰りで行うのが主流です。当院では、日帰り白内障手術を行っています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME